「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:病院( 35 )

脂肪腫切除・・・

いよいよ12月に入り今年もあと1ヶ月を切ってもうブログの更新が追いつかず・・・(汗)

覚書として12月1日土曜日の記事から


ハっちゃんの避妊手術をしていただいたH動物病院へチャタ君たちと一緒に行きました・・・
f0186040_22461079.jpg

この日はナナちゃんの脂肪腫切除の手術を予約していました。

何でも気軽に相談しても親身になってアドバイスをしてくれる優しい先生なので心配性の私にとって頼りになります。
先生にとってはややこしいかもしれないんですけど(笑)

経過観察をしていたナナちゃんの胸に出来た脂肪腫・・・
f0186040_2345240.jpg

ちょっと大きくなってきたので気になり先生と相談した結果「大きくなり始めるとあっという間に大きくなってしまう」ということなのでナナちゃんの年齢と全身麻酔のリスクを考えると不安ですが先生を信じて切除してもらいました。

日帰り手術ということで夕方迎えに行くとオムツ姿でナナちゃん登場・・・
f0186040_23164626.jpg

もうテンションはダダ下がり(苦笑)
ナナちゃんにとってまた病院は良い印象がなくなっちゃったね・・・
f0186040_0104932.jpg

まだ麻酔から完全に覚めていないのでふらふらしていましたが今回無事に奥歯の歯石除去も一緒に終わって良かった良かった。



切除したものがこれ・・・
f0186040_0171478.jpg

チャタママと触って見るとたしかに脂肪の塊のような感じ・・・
f0186040_0173284.jpg

これナナちゃん達に見せたらパクッと食べちゃうね(笑)


帰りの車の中でナナちゃんが痛がって私は思わずプチパニックになっていると冷静にチャタママが対処してくれたので無事に帰る事が出来ました!

ありがとうございましたぁ~

次の日にはもう痛がることもなく食欲旺盛でナナちゃんが気になるのは包帯だけみたい・・・
f0186040_0335094.jpg

一週間後土曜日には包帯がとれるのでそれまで我慢我慢です(笑)


そんな白い包帯には・・・
f0186040_244317.jpg

チャタママからメッセージが・・・
f0186040_245786.jpg

包帯姿のナナちゃん可愛くしてもらってよかったね(笑)
[PR]

by tanshohachousho | 2012-12-06 23:35 | 病院 | Comments(0)

避妊手術・・・

ちょっとマザー牧場の記事の前に今日はハっちゃんの避妊手術が無事に終わったのでこちらの様子から更新していきます・・・
f0186040_23554565.jpg

抱っこされて来たハっちゃんのお顔を見てが溢れそうになっちゃった!
いつも動物病院では一事が万事こんな感じになっちゃいます(笑)
先生は切除した子宮を見せてくれて説明までして私たちのくだらない質問にもきちんと答えてくださり本当にいつもありがとうございます。


一緒に迎えに行ってくれたチャタ君とフウタ君・・・
f0186040_163672.jpg

狂犬病の予防接種をしたり・・・
f0186040_165581.jpg

爪切りをしてもらっていました。
そしてもう診察時間も終わりの診察台の上で・・・
f0186040_1315147.jpg

なんと恒例の「待て」で院長先生公認?の早食い競争開催しちゃいました(ぷぷぷ~っ!)
この子達の食いしん坊ぶりにいつも一緒になって笑ってくれるお茶目な先生(爆)
アットホームな病院ならではの光景です。





では気になるハっちゃんの様子・・・
f0186040_152017.jpg

気にしないように!と思っていてもやっぱり気になり優しく接してめっちゃ甘アマになってしまってます(苦笑)
包帯が巻かれて何とも痛々しいのよねぇ

来週28日に包帯がとれて5月6日に抜糸の予定・・・
f0186040_234833.jpg

朝からご飯抜きで夜10時すぎに少しささみをあげたらすごい勢いで食べていました。
食欲があるのは嬉しいけど今日はまだ様子を見て我慢我慢・・・
今日はゆっくり休んで早く元気になってね♪
[PR]

by tanshohachousho | 2012-04-22 02:25 | 病院 | Comments(11)

ヴィトン5歳11カ月・・・

11月24日午後8時44分に私の携帯へ病院から着信がありました・・・


この日の夕方、ヴィちゃんの様子について病院に電話を入れて院長と話しをして少し前向きな気持ちになっている矢先の出来事でした。

すごい下血で救命措置をしたけれど間に合わなかったと言われ泣き崩れる私に解剖させてほしいという院長の言葉にこれ以上辛い思いをさせたくなくてうなずくことが出来ずにいましたが膵臓や腸で同じように苦しむ子のためになるのならと思い承諾しました・・・
病院へ翌25日ヴィトンを迎えに行くことになったので親身になっていただいていたなごむママさん、ち~ぼ~さん、むっくママさんに連絡をするとお花を持って病院に駆けつけてくれて取り乱している私を支えてくれて本当にありがとうございました。


たくさんの思いと一緒にヴィちゃんの写真を撮ってはあるのですが寝ているようにしか見えないその写真を載せることが今はまだ出来ません(涙)


前日から取り乱している私を心配して一緒に来てくれたチャタママに火葬まで付き合ってもらい・・・
f0186040_0285566.jpg

ヴィトンにとって大好きなチャタママに見守られて旅立つことが出来て良かったと思います。
本当にありがとうございました。



来月の12月9日お誕生日を迎えることなくヴィトン5歳11カ月でお星様になりました・・・



ヴィちゃん、お帰りなさい・・・
f0186040_1121717.jpg

でもこんな形で帰って来るとは思ってなかったよ(涙)


前日の23日祭日に面会に行ったときも具合が悪そうにしていたのですが私が扉を開けると立ち上がって尻尾を振っていたヴィちゃん・・・
その温もりが今も忘れられない・・・
もっと撫でていたかったのに・・・
なんであの時もっと一緒にいてあげなかったのかと自分を責めて悔んだりしてしまいます(涙)


余命宣告でもしてくれれば残された時間をヴィトンのために出来たのに・・・という思いもありますがそれはそれであきらめることが出来たかどうかは分かりません。


最後は私の腕の中で看取ってあげたかったと思うけどきっと私には耐えられないとヴィちゃんが知っていたような気がする・・・(なごむママさんの優しい言葉が心に沁みました)

病院で生きていてくれるなら・・・と生命維持するために中心静脈に高栄養剤を入れていました。

後悔しないように一生懸命やってきても最後はどれを選んでも後悔してしまうんですよねぇ


人間よりも短い犬生ですがあまりにも早すぎて受け止められずに不安な気持ちでいる私を一心にナナちゃんが受け止めてくれます・・・


病気になって覚悟した時もあったけど薬が効いて元気になってまた可愛い笑顔を見ることが出来たということだけでも私にとって報われたと思っています・・・


ヴィちゃんの頑張っていた様子など残していこうと思っているのですがまだ写真を見ると悲しみが込み上げてしまうので受け止めるまでの時間をください。


みんなに心配をおかけしてナナちゃんヴィちゃんのおやつと一緒に私への食糧まで送ってくれたりと本当に人の優しさに感謝の気持ちでいっぱいです!



私はちょっと明るい引きこもりに入りますので・・・
[PR]

by tanshohachousho | 2011-11-29 05:13 | 病院 | Comments(16)

強制給餌・・・

ブログを更新する気持ちになれずにいましたがこのブログでヴィトンちゃんを応援してくれる人もいるので頑張って更新していきます!

とりあえず時系列で前回の続き・・・
12日土曜日の夕方に点滴のため入院していたヴィちゃんを迎えに行って抗生剤(ユナシン)とガナトン、ウルソの3種類の飲み薬で様子を見ることになりました。

13日日曜日はマザー牧場のディスク大会へ行く予定だったのですがヴィちゃんの体調を考えてお家でゆっくりお薬を飲ませて過ごしていたのですが相変わらず食欲がなく何も食べない胃の中に薬だけを飲ませていることが心配になり14日月曜日の朝、病院に電話をしてヴィちゃんの状態を説明すると「連れて来れないか?」と言われてまた高速使って病院に連れて行くことになりました。
この時点で体重が3・35㎏と減って自分から食べる意識がないので食べるようになるまで強制的に食べさせて吐くかどうかをみていくということでこのまま入院となりました!

15日火曜日の夕方、ヴィトンちゃんの様子を病院に電話をしてみると院長から「食べないねぇ」と言われ「また早めにステロイドを入れて様子をみていこう」と言われて水曜日は院長がお休みなので17日木曜日に退院となり仕事を終え迎えに行くとまだ食欲が戻ってないので強制給餌をしていくことになりました!
とりあえず、出来れば自分で少しでも食べてくれればとあれこれ選んで買って来ても何も食べようとせずにいるヴィちゃん(汗)
このままでは明らかに衰弱してしまう・・・
家に居ながら餓死の道のりを歩ませてしまうの!?
食べたくないのに無理に食べさせることへの葛藤はありましたが「食べれる力を与えるための最低栄養だ!」と自分に言い聞かせて頑張る事にしました。

翌18日金曜日、病院では鳥のささみと言われたので小さく飲み込みやすい大きさで強制的に食べさせていたのですが少しでも栄養面と飲み込む時の負担を考えて子犬用の離乳食を買って食べさせることにしましたが嫌がっても何度も喉に押し込まれて辛そうな姿に必要な量を私は押し込むことが出来なくて心が折れそうになりました(涙)
そして深夜1時過ぎ、せっかく苦労して与えた栄養をすべて吐いてしまい下痢もしているのでこれ以上無理に食べさせて体力を消耗させることはもう出来ませんでした。
このあと19日の土曜日、また病院へと駆け込み入院することになったのですが長くなってしまうので次回ということで・・・

お友達から聞いた病名をネットでいろいろ調べているとヴィちゃんの症状に似ていて悪い事ばかり考えてしまい退院してもすぐまた入院となることを繰り返していることに悲観的になっていろいろな人に迷惑をかけてしまい本当にすみませんでした(汗)
とりあえず、私は大丈夫です!


でもまだヴィちゃん入院中でバタバタしているので訪問コメント出来ません・・・
[PR]

by tanshohachousho | 2011-11-21 05:51 | 病院 | Comments(1)

点滴のため入院・・・

またまたみなさんに心配をおかけしてすいません・・・(汗)

先週5日の土曜日はヴィちゃんステロイドの注射をするための病院DAYで食欲が落ちていたので血液検査をしてとりあえず様子をみることになっていました。
ステロイドで食欲が回復すると思っていたのですが日を追うごとに食べなくなって元気のない姿にもう心配度MAX・・・

小さな体で体力的に限界と判断して今日また病院に駆け込んでしまいました。
体重もまた3・5㎏と減ってしまい血液検査をしてBUN、タンパクの数値が下がっていてエコー検査では腸の動きが悪いと言うことでした。
やはり脱水もしていて点滴のため入院させることにしました(涙)

明日の朝、病院に電話を入れてヴィちゃんの状態と血液検査の結果で午前のお迎えか夕方まで点滴をしてからのお迎えかとなるみたいです・・・


とりあえず退院してまた落ち着いたら報告させていただきます。
今回コメント欄は閉じさせていただきました・・・
[PR]

by tanshohachousho | 2011-11-12 01:45 | 病院

経過報告♪

もうパソコンにゆっくり向かう時間もなく気がつけば11月に入って大変だぁ~
そろそろブログを更新しないと・・・ね(汗)

いまだ2週間おきに東京の病院に通院しているヴィちゃんの経過報告として10月22日の土曜日の記事です。
体調が良い状態が続いていたので前回「ステロイドの量を減らしていく」ということになり半分の量の注射で2週間を過ごしていました・・・
f0186040_23525344.jpg

ステロイドを減らして4日後から毎日下痢ピーとなってお腹の中が発酵してキュルキュル~と鳴って寝ながらスカシッぺをしたりもう大変でした(汗)
下痢が続いていたけれど食べていたので病院に駆け込むことはありませんでした。

最初若い先生が状態などカルテに記入して診ていただき便と血液検査をして結果は院長の診察となりました。
検査結果を見ながら「またステロイドの量を戻そう」と言ってステロイドを注射して「これでまた様子を見ていく」ということになりました。
ステロイドの量を戻して2日後にはお腹の発酵もなくなり下痢も治まってとても良いウン〇になりまだまだお薬に頼っていますが私にとってこの当たり前と思える「食べて寝て出す」ということはやっぱり大事ですね!

でも今週に入ってステロイドが足りないのか一昨日から食べようと来るのに食べなかったりするときがあるのでちょっと心配。
あまり気にしないようにしてはいるんですけど・・・ね(汗)
とりあえず今週土曜日は病院DAYなので様子を見てみます・・・
[PR]

by tanshohachousho | 2011-11-03 09:15 | 病院 | Comments(11)

報告・・・

とりあえず報告の更新です・・・

さて先週土曜日は頑張って東京の病院まで行って来ました!
暑い中この日はまた特別混んでいて待合室がいっぱいだったので階段で待つ事に・・・
f0186040_153056.jpg

外はもっと暑いよぉ~(汗)

まずはナナちゃんから・・・
院長を前に怒られる覚悟で「木曜日からお薬がなくなって飲ませていませんが元気になりました」と言うと疲れているのか何も言わず触診して尿検査となったのですが今回はオシッコをしっかり持参していたのでスムーズでした(笑)
ナナちゃんのオシッコはきれいということで抗生剤をあと5日分飲ませて終わりみたいです!
みなさん心配をおかけしましたぁ~
次はヴィちゃん・・・
調子は良いけど薬がなくなったので飲ませていないのですが・・・」と告げるとカルテを見ながら「調子が良いなら飲ませなくてもいいんじゃない」ということになり抗生剤と吐き止めの飲み薬なくなりました。
嫌いなお薬がなくなってヴィちゃん良かったね!
でも前回ステロイドを打ってもらって2週間は効いているのですが木曜日には切れてしまうのでまた木曜日に行かなければいけないので通院の日を土曜日にしたいと言ったら「じゃ今日ステロイド打っちゃおう」と言って「デポ用意して!」と看護師さんに指示を出している横で思わず「そんな短期間に打っても大丈夫ですか?」と聞くと「良くはないけど来れないんだからしょうがないじゃない!」と言われて・・・何も言えず(汗)
今のヴィちゃんにはステロイドが切れることの方が良くないのでしょうがないですよねぇ


ナナちゃんは元気になりヴィちゃんも調子が良くしっかり食べているので今週は東京に行かずに済むと思っていたのですが昨日からヴィちゃん食べたものを吐いたりしてちょっと具合が悪そう・・・
食欲はあるので「大丈夫!」と自分に言い聞かせて様子を見ています。
これで食べなくなったり吐き気が続くようならまた病院に行っちゃうかもしれないんですけどね(汗)


今回コメント欄は閉じています・・・
[PR]

by tanshohachousho | 2011-09-15 07:03 | 病院

膀胱炎・・・

ちょっと心身ともに疲れてブログから遠ざかってしまいすみませんでした(汗)
精神的に余裕が出て来たので覚書として残していきます。
え~と今回まだまだヴィちゃんの調子が不安定な状態で先週ナナちゃんの具合が悪くなってしまいバタバタしていました!

8月30日火曜日ヴィちゃんがまた食欲がなく心配していたのですが翌日には食べられるようになったのでホッとしていると隣でナナちゃんが食べなくなっていました!
ナナちゃん前日に下痢をしていたので一食くらい食べなくても大丈夫とこの時は軽く考えて仕事に行ってしまいました。
でも帰って来てみるといつもはまとわりついて来るナナちゃんがどこか痛そうにしてここから長い一日の始まりでした・・・(涙)

背中を丸めて立ちつくしたりしていたのでまず最初に疑ったのが椎間板ヘルニアを再発したのかと思ってしまいました!
歩き方や足の反射なども大丈夫だったのでとりあえず帰って来たのが夜11時半を過ぎていたのでナナちゃんの後をついて様子を見ることにしたのですが前日下痢をしていたのにうん〇をしていないことに腸閉塞?とかいろいろ考えてしまいました。
するとトイレに行ってオシッコをしようとする時に異変を発見・・・
腰を落とそうとするのですが途中で止まり「ウゥゥ~」と痛そうにしているのです!
その後も何度もトイレに行きオシッコをしようとしていましたが出ても2~3滴で「もしかして石か何かで詰まっている?」と心配になり、もうこうなると悪いことばかり考えてしまい「手遅れになったらどうしよう」となり、いても経ってもいられず夜中1時半を過ぎていましたが東京の病院へ電話をしてしまいました!

電話をしただけでお金がかかるということを承知で電話をして必死に説明している私に死にそうじゃないのに電話なんかしてくるんじゃないという勢いで怒鳴り散らして最後の方はわけのわからない言動で一方的に電話を切られてしまいました(ボー然)
食いしん坊のナナちゃんが食べなくて水をあげても飲もうとするけれど舌を出そうとしないで立ちつくす姿にもう心配度Max・・・
脱水しないようシリンジで少しずつ口に横から水を含ませて夜を明かす事にしたのですが寝ようとしても辛いみたいで落ち着かないナナちゃんは3時過ぎには飲ませていたお水もすべて吐いてしまいました!
もう私には祈る気持ちでお腹を撫でて朝まで寝ずにナナちゃんの様子を見てあげることしか出来ません(涙)
1~2時間寝たナナちゃんは水を飲めるくらい回復したのですが一番に診てもらおうと通勤ラッシュの渋滞に巻き込まれながら東京の病院へと連れて行きました・・・
(9時からだと思って8時半に着いたのですが10時からで待つ事1時間半・・・汗)
さすがに1番に診てもらえて夜中の電話で症状などは説明していたのでまず触診して血液を採取してすぐにエコー検査で調べてくれました。
石などはなかったのですが血液検査でCRPの炎症の値が16と高くひどい膀胱炎と言われました!
診察まで待ち時間が長かったのでオシッコをさせてしまい検査に必要な量の尿が取れなくて細かいことは分からないと言うことでした。
院長は「心配だったら1泊入院させて様子を見てもいい」と言ってくれたのですが診察しているときも散々文句を言われていた私は素直にお願いしますという気持ちにはなれず抗生剤をもらって帰って来ることにしました(苦笑)

ヴィちゃんは調子が良かったから土曜日にしようと思っていたんですけど前回にステロイドが切れる前に入れていこうと言われていたので一緒に連れて行って診察してもらい血液検査をしてステロイドの注射を打って来ました。
今回ナナちゃんが大変だったので院長はヴィちゃんのお薬を出すのを忘れたのかもう抗生剤などは飲ませなくてもいいのか何の説明もなくて分からないのですが調子も良いのでわざわざ電話してあの口調を聞く気になれないので残っている薬で様子を見る事にしました。
もう夜遅く迷惑をかけているということを謝って時間外診療の料金を払うと言っているのに何もアドバイスもなく怒鳴り散らした電話でお金を払ってきたこんな話知らない人には聞かせられないんですけど・・・
普段は院長の口の悪さを右から左に流せるけど精神的に弱っているときにはもう聞きたくないので2度とあの携帯には電話はしないと心に誓っちゃった(苦笑)

そんなこんなでナナちゃんは一週間後に血液検査の結果が悪かったので数値が下がっているか薬がなくなる木曜日に行かなければいけなかったのですが薬が効いて調子も良いので今回土曜日に行く事にしました。
ワン達の具合が良ければ私だって病院のいいなりにならず通院のサイクルを休みの日にして行かなければ大変なので怒られる覚悟でちょっと強気に出てみましたぁ~
でも薬が切れて抗生剤を飲ませなかったことで血液検査の結果が悪くなっていたらまた落ち込んじゃうかもしれないんですけど・・・ね(汗)

今回ナナちゃんまでが具合が悪くなって精神的に落ち込み心配させてしまい本当にすみませんでした。
ふたりとも調子が良いので私もすっかり元気になり大丈夫ですよぉ~
さぁ明日も頑張って病院に行って来ます!
[PR]

by tanshohachousho | 2011-09-10 03:10 | 病院 | Comments(12)

歯みがきセット♪

暑くて何もやる気が起きなくてブログの更新さぼっていました。
頑張って更新していかないとね・・・(汗)

さて我が家は12日からお盆休みに突入してチャタママのお家に遊びに行きました・・・
f0186040_343948.jpg

お外は暑いけどお部屋の中は快適でナナちゃんヴィちゃんご機嫌です(笑)
テレビを見ながらくつろいでいると歯みがきセット登場・・・
f0186040_3181839.jpg

我が家とは違い本格的です!
ではナナちゃんの様子を見せちゃいましょう・・・(笑)
f0186040_335183.jpg

歯石取りをしてもらっています。
暴れることなく身を任せている姿が可愛い・・・(親バカ 笑)
f0186040_3441840.jpg

奥歯もしっかり磨いてもらって良かったねぇ
ヴィちゃんもきれいにしてくれてチャタママありがとうございました。

おまけ・・・
f0186040_3514218.jpg

お口も小さく歯もちっちゃなフウタ君は鷲掴みでした(爆)


そして13日土曜日ヴィちゃん病院DAYの報告です。
療法食を断念してヴィちゃんが食べてくれるということを優先して大好きな薄切り牛肉をメインに食べさせていつもの色のうん〇となっていました。
今回は院長の診察でした。
食欲もあり調子が良かったので喜んでもらえるかと思ったら・・・
先週3・5㎏と増えていた体重が3・4㎏と逆に減っていることに首を傾げてカルテとにらめっこ(汗)
今回の血液検査ではタンパクの数値は上がって良かったのですが先週は体重が増えていたのに血液検査では悪い結果となって体重と血液検査の数値が反比例しています。
(これがどういうことなのかが分からないのかな?)
とりあえず注射でステロイドは2週間効いているので今飲んでいる抗生剤(オーグメンチン)と吐き止め(ガナトン)でまた今回も同じ薬を一週間分もらって様子を見ることになりました。
この日、病院も混んでいましたがお盆休みで帰りの京葉道路も混んでいて大変でした(汗)


このあとのお楽しみは・・・次回ということで(笑)
[PR]

by tanshohachousho | 2011-08-15 05:10 | 病院 | Comments(11)

療養食・・・

帰って来る時間が遅くてご無沙汰してしまいすみません。
ヴィちゃん具合が悪くなって2ヶ月が過ぎ3ヶ月目に突入です・・・(汗)

先週はヴィちゃん食欲も回復して便も調子が良かったので「やっと薬が効いて良くなったみたい」と思って土曜日の病院DAYを楽しみにして朝ご飯も食べさせて午前の診察時間に間に合うよう支度をしているといきなりブリリッと水溶便をしてしまったヴィちゃんですが食欲はあったので気にしませんでした。
そして病院に着くと相変わらず混んでいましたがナナちゃんと元気になったヴィちゃんと一緒に楽しく待つこと約40分・・・
ここへ初めて来たときに院長と一緒にヴィちゃんを診てくれた女の先生が担当してくださいました。
朝の水溶便のこと以外は調子が良かったことを報告すると喜んではくれたのですがカルテを見ながら症状が繰り返していることを心配していました。
検温して便の検査、血液検査をして今回エコーでまた見てみたいということで一緒に2階でエコー検査をしてみると・・・「十二指腸の壁が厚い」と言われ「炎症で厚くなっているのかは分からないが下痢を繰り返しているのはこれが原因」ということでした(汗)
そして待合室で待っていると血液検査の結果に院長と女の先生が何やらもめていて女の先生が私のところへ来てタンパクの数値がまた低くなってアルブミンの数値も2・4と下がっていると聞かされびっくり・・・
これは前の病院で入院していた時と同じ数値で勝手に素人判断ですが私は良くなっていると思っていただけにかなり落ち込み「今週は調子が良かったから喜んでもらえると思っていたのにまさかこんなに体の中が悪くなっているとは思っていなかった」と愕然としていると院長は「ここへ来た時はアルブミンだって1・9だったし食べているから少しふっくらしたじゃない」と勇気づけてくれました。
(いろいろ怒鳴ったり口は悪いけどとても優しい先生です 笑)

今回の結果で女の先生は食物アレルギーがあるかもしれないので療養食を試してはどうかという提案がされました・・・
f0186040_143358.jpg

値段が高いということで女の先生は恐縮していましたがヴィちゃんのことを考えてくれていることなので3カ月間はこれ以外何も食べさせないで様子を見る事にしました。
もちろんドックフードに対して反対の院長は「そんなのは関係ないと思っているけどやってみると言うならやってみれば・・・」と捨て台詞となったのは言うまでもありません(苦笑)

この日から療養食となったヴィちゃん次の日の日曜までは頑張って何とか食べさせていたのですがやはり美味しくないのか月曜日の朝には一粒も食べてはくれなくて少し痩せて見えるしまた体力がなくなってしまうのではと心配になりすぐまた病院に電話をして事情を説明すると院長が出て言われた言葉が「食べなければ死んじゃうんだから気にしないで食べる物を食べさせなさいよ!」と言われて鳥のささみをあげると食べてくれました。(結局は院長の言った通りになっちゃった 汗)
今は原因よりステロイドが効いて元気に食べてくれるだけで私も元気になれるので今回の療養食は断念する事になりました。

まだまだ通院は続きますが毎日や三日と空けず通院していたときを考えれば今は一週間に一度となって進歩しているよね・・・!?(笑)






月曜日の朝、ヴィちゃんの真っ黒な硬いうん〇に思わず・・・(すみません 汗)
f0186040_275848.jpg

こんな色のうん〇を初めて見ちゃいました!
う~ん、療養食で黒いうん〇になったのかどうかは分からないけど形があると言う事に素直に喜んでいいのか複雑です・・・
[PR]

by tanshohachousho | 2011-08-09 03:15 | 病院 | Comments(11)