「ほっ」と。キャンペーン

ヴィトン5歳11カ月・・・

11月24日午後8時44分に私の携帯へ病院から着信がありました・・・


この日の夕方、ヴィちゃんの様子について病院に電話を入れて院長と話しをして少し前向きな気持ちになっている矢先の出来事でした。

すごい下血で救命措置をしたけれど間に合わなかったと言われ泣き崩れる私に解剖させてほしいという院長の言葉にこれ以上辛い思いをさせたくなくてうなずくことが出来ずにいましたが膵臓や腸で同じように苦しむ子のためになるのならと思い承諾しました・・・
病院へ翌25日ヴィトンを迎えに行くことになったので親身になっていただいていたなごむママさん、ち~ぼ~さん、むっくママさんに連絡をするとお花を持って病院に駆けつけてくれて取り乱している私を支えてくれて本当にありがとうございました。


たくさんの思いと一緒にヴィちゃんの写真を撮ってはあるのですが寝ているようにしか見えないその写真を載せることが今はまだ出来ません(涙)


前日から取り乱している私を心配して一緒に来てくれたチャタママに火葬まで付き合ってもらい・・・
f0186040_0285566.jpg

ヴィトンにとって大好きなチャタママに見守られて旅立つことが出来て良かったと思います。
本当にありがとうございました。



来月の12月9日お誕生日を迎えることなくヴィトン5歳11カ月でお星様になりました・・・



ヴィちゃん、お帰りなさい・・・
f0186040_1121717.jpg

でもこんな形で帰って来るとは思ってなかったよ(涙)


前日の23日祭日に面会に行ったときも具合が悪そうにしていたのですが私が扉を開けると立ち上がって尻尾を振っていたヴィちゃん・・・
その温もりが今も忘れられない・・・
もっと撫でていたかったのに・・・
なんであの時もっと一緒にいてあげなかったのかと自分を責めて悔んだりしてしまいます(涙)


余命宣告でもしてくれれば残された時間をヴィトンのために出来たのに・・・という思いもありますがそれはそれであきらめることが出来たかどうかは分かりません。


最後は私の腕の中で看取ってあげたかったと思うけどきっと私には耐えられないとヴィちゃんが知っていたような気がする・・・(なごむママさんの優しい言葉が心に沁みました)

病院で生きていてくれるなら・・・と生命維持するために中心静脈に高栄養剤を入れていました。

後悔しないように一生懸命やってきても最後はどれを選んでも後悔してしまうんですよねぇ


人間よりも短い犬生ですがあまりにも早すぎて受け止められずに不安な気持ちでいる私を一心にナナちゃんが受け止めてくれます・・・


病気になって覚悟した時もあったけど薬が効いて元気になってまた可愛い笑顔を見ることが出来たということだけでも私にとって報われたと思っています・・・


ヴィちゃんの頑張っていた様子など残していこうと思っているのですがまだ写真を見ると悲しみが込み上げてしまうので受け止めるまでの時間をください。


みんなに心配をおかけしてナナちゃんヴィちゃんのおやつと一緒に私への食糧まで送ってくれたりと本当に人の優しさに感謝の気持ちでいっぱいです!



私はちょっと明るい引きこもりに入りますので・・・
[PR]

by tanshohachousho | 2011-11-29 05:13 | 病院 | Comments(16)

強制給餌・・・

ブログを更新する気持ちになれずにいましたがこのブログでヴィトンちゃんを応援してくれる人もいるので頑張って更新していきます!

とりあえず時系列で前回の続き・・・
12日土曜日の夕方に点滴のため入院していたヴィちゃんを迎えに行って抗生剤(ユナシン)とガナトン、ウルソの3種類の飲み薬で様子を見ることになりました。

13日日曜日はマザー牧場のディスク大会へ行く予定だったのですがヴィちゃんの体調を考えてお家でゆっくりお薬を飲ませて過ごしていたのですが相変わらず食欲がなく何も食べない胃の中に薬だけを飲ませていることが心配になり14日月曜日の朝、病院に電話をしてヴィちゃんの状態を説明すると「連れて来れないか?」と言われてまた高速使って病院に連れて行くことになりました。
この時点で体重が3・35㎏と減って自分から食べる意識がないので食べるようになるまで強制的に食べさせて吐くかどうかをみていくということでこのまま入院となりました!

15日火曜日の夕方、ヴィトンちゃんの様子を病院に電話をしてみると院長から「食べないねぇ」と言われ「また早めにステロイドを入れて様子をみていこう」と言われて水曜日は院長がお休みなので17日木曜日に退院となり仕事を終え迎えに行くとまだ食欲が戻ってないので強制給餌をしていくことになりました!
とりあえず、出来れば自分で少しでも食べてくれればとあれこれ選んで買って来ても何も食べようとせずにいるヴィちゃん(汗)
このままでは明らかに衰弱してしまう・・・
家に居ながら餓死の道のりを歩ませてしまうの!?
食べたくないのに無理に食べさせることへの葛藤はありましたが「食べれる力を与えるための最低栄養だ!」と自分に言い聞かせて頑張る事にしました。

翌18日金曜日、病院では鳥のささみと言われたので小さく飲み込みやすい大きさで強制的に食べさせていたのですが少しでも栄養面と飲み込む時の負担を考えて子犬用の離乳食を買って食べさせることにしましたが嫌がっても何度も喉に押し込まれて辛そうな姿に必要な量を私は押し込むことが出来なくて心が折れそうになりました(涙)
そして深夜1時過ぎ、せっかく苦労して与えた栄養をすべて吐いてしまい下痢もしているのでこれ以上無理に食べさせて体力を消耗させることはもう出来ませんでした。
このあと19日の土曜日、また病院へと駆け込み入院することになったのですが長くなってしまうので次回ということで・・・

お友達から聞いた病名をネットでいろいろ調べているとヴィちゃんの症状に似ていて悪い事ばかり考えてしまい退院してもすぐまた入院となることを繰り返していることに悲観的になっていろいろな人に迷惑をかけてしまい本当にすみませんでした(汗)
とりあえず、私は大丈夫です!


でもまだヴィちゃん入院中でバタバタしているので訪問コメント出来ません・・・
[PR]

by tanshohachousho | 2011-11-21 05:51 | 病院 | Comments(1)

点滴のため入院・・・

またまたみなさんに心配をおかけしてすいません・・・(汗)

先週5日の土曜日はヴィちゃんステロイドの注射をするための病院DAYで食欲が落ちていたので血液検査をしてとりあえず様子をみることになっていました。
ステロイドで食欲が回復すると思っていたのですが日を追うごとに食べなくなって元気のない姿にもう心配度MAX・・・

小さな体で体力的に限界と判断して今日また病院に駆け込んでしまいました。
体重もまた3・5㎏と減ってしまい血液検査をしてBUN、タンパクの数値が下がっていてエコー検査では腸の動きが悪いと言うことでした。
やはり脱水もしていて点滴のため入院させることにしました(涙)

明日の朝、病院に電話を入れてヴィちゃんの状態と血液検査の結果で午前のお迎えか夕方まで点滴をしてからのお迎えかとなるみたいです・・・


とりあえず退院してまた落ち着いたら報告させていただきます。
今回コメント欄は閉じさせていただきました・・・
[PR]

by tanshohachousho | 2011-11-12 01:45 | 病院

経過報告♪

もうパソコンにゆっくり向かう時間もなく気がつけば11月に入って大変だぁ~
そろそろブログを更新しないと・・・ね(汗)

いまだ2週間おきに東京の病院に通院しているヴィちゃんの経過報告として10月22日の土曜日の記事です。
体調が良い状態が続いていたので前回「ステロイドの量を減らしていく」ということになり半分の量の注射で2週間を過ごしていました・・・
f0186040_23525344.jpg

ステロイドを減らして4日後から毎日下痢ピーとなってお腹の中が発酵してキュルキュル~と鳴って寝ながらスカシッぺをしたりもう大変でした(汗)
下痢が続いていたけれど食べていたので病院に駆け込むことはありませんでした。

最初若い先生が状態などカルテに記入して診ていただき便と血液検査をして結果は院長の診察となりました。
検査結果を見ながら「またステロイドの量を戻そう」と言ってステロイドを注射して「これでまた様子を見ていく」ということになりました。
ステロイドの量を戻して2日後にはお腹の発酵もなくなり下痢も治まってとても良いウン〇になりまだまだお薬に頼っていますが私にとってこの当たり前と思える「食べて寝て出す」ということはやっぱり大事ですね!

でも今週に入ってステロイドが足りないのか一昨日から食べようと来るのに食べなかったりするときがあるのでちょっと心配。
あまり気にしないようにしてはいるんですけど・・・ね(汗)
とりあえず今週土曜日は病院DAYなので様子を見てみます・・・
[PR]

by tanshohachousho | 2011-11-03 09:15 | 病院 | Comments(11)