人気ブログランキング |

またまた感銘♪

昨日はしつけ教室の日でした。
グランドではなく待望の室内です(笑)
まずはレベル1・2クラス・・・
f0186040_21555282.jpg

5頭の参加で久しぶりにこのクラスT先生の教室でした!
全体練習ではきっちりやる時にはやらせるという気持ちを持って・・・
f0186040_21581393.jpg

やっていくこと!
オビディエンスとはハンドラーに服従して行うものでありおやつがない時はやらないというのは服従していることにはならないということです。
ハンドラーと犬の間におやつがあるのではなくおやつおもちゃはハンドラーの後についてくるものなのでおやつで釣ることなく練習・・・
f0186040_002395.jpg

いろいろなおもちゃのトラップによそ見をすることなくハンドラーに集中して脚側です。
おもちゃには興味がないヴィちゃんは相変わらずのテンションで一通りやることはやるのですがもう少し精神的に強くしていくよう指摘されちゃいました!
強くしようと頑張ってはいるんですけど弱いふりするヴィちゃんが可愛いと思ってしまうんですよねぇ(笑)
次はレベル3クラス・・・
f0186040_0351771.jpg

13頭で引き続きT先生の教室でした。
全体練習が中心で休止している犬をT先生が跨いだり尻尾を軽く踏んだりしてもその場で休止している練習や脚側について座っている犬の後ろ足にT先生の足が軽く触ってもきちんと座っている練習をしました。
このクラスはすでに服従心を持っているというのが前提なのでハンドラーのコマンドが絶対ということでした。
そしてハンドラーに対しての集中力の練習・・・
f0186040_11197.jpg

犬を待たせて離れる時もハンドラーに集中させ2~3歩離れてよく見ていた時にはおやつをあげたりして褒めてあげます。
オビの練習ではハンドラーが型にはめた練習をしようとしますがそれは人間だけが決めたもので型にはめようとせず犬が本当に服従心を持ってハンドラーと接していることが1番というT先生の話にまたまた感銘を受けた教室でした。
私がしつけ教室に熱心に通うようになったきっかけはT先生の「1年一生懸命しつけをすれば10年楽しく暮らせる!」という言葉に感銘を受けたことを思い出しちゃいました(笑)
ナナちゃん5か月くらいの時、トイレの覚えも早く大人しくて問題など全然なかったのですが社会性を持たせるため体験で来たときのことでした。
そんなナナちゃんもう8歳です・・・(笑)
f0186040_1323741.jpg

メイちゃんのママからスイカの差し入れありがとうございました。
甘くておいしかったです!
ナナちゃん皮まで食べていましたぁ~(笑)

by tanshohachousho | 2010-06-22 01:57 | しつけ教室